&sbsp;
&sbsp;

知っとこ!税務のマメ知識

【日本を出国する人の納税義務】

日本に入国する外国人旅行者が増えれば当然、その分だけ出国する旅行者の数も増えます。 そこで世界の多くの国が導入している「出国税」が2019年1月7日から日本でも導入されました。 正式には「国際観光旅客税」といいます。 これは国籍に関係なく1人につき一律1000円の税金が、原則として航空券やツアー代金などに上乗せされるものです。 出国時に別途税金を納めるというわけではないため気が付かない人も多いでしょう。 ただし、日本の空港で乗り継ぎする場合など日本に入国して24時間以内に出国する人や2歳未満の子どもなどは対象外となります。 政府はこの出国税によって年間約400億円の税収を見込んでいるようですが、その使い道は「ストレスフリーで快適な旅行ができる環境の整備」「日本の多様な魅力に関する情報の入手の容易化」「地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験滞在の満足度向上」となっています。 ところで世界に目を向けてみると、すでにアメリカ、オーストラリア、イギリス、タイ、カンボジア、韓国など多くの国で導入されており、中でもオーストラリアでは日本円で約5000円とかなり高額です。 いずれにしても導入されたからには観光先進国の実現に向けてきちんとした取り組みを実施し、有意義に活用してもらいたいですね。

 

今さら聞けない経済用語

今月の教えてキーワード:【ベンチャーキャピタル】

高い成長性が見込まれるベンチャー企業などの未上場企業に対し、成長のための資金を提供する機関のこと。 投資した企業が株式を上場した際には、その値上がりした株の利益を得る一方で、投資した企業が上場までに至らずに終わるケースも多いため投資先の選定には注意を要す。 投資は、金融機関や事業会社などから出資を受けて組織した投資事業組合を通して行われ、成長途上の企業にとっての有力な資金調達手段となっている。

 
今月のあなたの運勢

365日が楽しくてたまらない!「商売のヒント」

今月の商売のヒント:【「ある地点」まで辛抱すればよい】

小売業を営むある社長はとてもりりしい顔立ちですが、仲間から「あきたん」と呼ばれています。 これは飽きっぽい性格ゆえのあだ名だそうです。 あきたんは決して怠け者ではありません。 スタートダッシュは誰よりも熱心なのに努力が長続きしないタイプの社長です。 頑張ってもすぐに成果が出ないから飽きてしまうのだとか。 努力と成果は比例する。 誰しもそう思っていませんか? しかし、残念ながらそうではないようです。 学習効果は勉強した時間や努力の量に比例しないのです。 頑張った分だけすぐに結果が出ればやる気も起きますが、学び始めからしばらくは、やってもやっても手応えのない地べたをはうような退屈な時間が続きます。 ですから、あきたんのように初期段階で勉強や努力をやめてしまう人が多いのでしょう。 ところが、ある地点に来ると、それまでの学習成果が一気に加速して、あるとき突然ブレイクスルーが起こります。 ここからは目に見えて成果を感じられるようになり、コツコツと積み重ねてきた努力が実力となって発揮されていくでしょう。 こうした一連の流れを学習の成長曲線といいます。
『論語』の中で孔子は「苗にして秀でざる者あり。秀でて実らざる者あり」と述べました。 学問の修得や徳の修養を稲穂の成育にたとえ「苗のままで穂を出さないものもある。せっかく穂を出しても実をつけないものもある。それを分けるのは努力と精進である」という孔子一流の比喩です。 人の成長過程は色々で、若いうちに頭角を現して成功する人もいれば、頭角を現しただけであとが続かない人もいます。 また若い頃は芽が出なくても中年になって花を咲かせる人もいます。 しかし、どんなに美しい花を咲かせても、花のまま枯れて実にならない人もいます。 孔子は、実にならないからダメだと言っているのではありません。 人間いつになっても努力と精進が大切だと説いているのです。 成長曲線の「ある地点」が来れば、地べたをはうような時間は終わりを告げ、これまでの努力も商売もブレイクスルーするでしょう。 「ある地点」まで辛抱すれば努力はきっと報われます。

 

トレンドを斬る!

斬り捨て御免ポイント:【本屋の新たなアプローチに注目!】

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地にできた「文喫」は入場料が1500円の「本と出会うための本屋」です。
文学から自然科学やアートまで幅広い約3万冊の蔵書は全てが1冊限り。 大まかなジャンルはあれどランダムに重ねた陳列は、運命の1冊との偶然の出会いが狙いです。 お茶とコーヒーはお代わり自由、じっくりとゆったりと本と向き合うための閲覧室や本を片手に食事や会話を楽しめる喫茶室も充実しています。
斬新なアプローチで新たな本の聖地の誕生となるでしょうか。

 

仁義なきビジネスメール道

今月のメール道:【敬称の二重使用や付け忘れはありませんか?】

メールで用いる敬称には「様」「殿」「先生」「氏」などがありますが、ビジネスメールでは「様」が一般的です。 公的な手紙も「様」は失礼にあたりません。 「先生」は主に教職の人に使う敬称です。 「先生」自体が敬称ですので、くれぐれも「先生様」と重ねて使わないように気を付けましょう。 ○○局長、△△教授など、官名や職名を氏名の下につけて敬称として用います。 ところで「御中」の使い分けはできていますか? 担当者名が分からない場合やはっきりしない場合に官庁、会社、団体宛てに送る際に使う敬称が「御中」です。 「株式会社○○○ 御中」「株式会社○○○総務部 御中」といった具合に用います。 一方、担当者の個人名が分かっている場合は「株式会社○○○総務部 山本太郎様」とします。 宛先の個人名が分かっているのに「株式会社○○○御中 山本太郎様」のように「御中」と「様」を併用しないように注意しましょう。 丁寧そうに見えるからと社名に「御中」さらに名前に「様」とすると敬称を二重に使うことになります。 担当者の個人名が分からない場合「株式会社○○○総務部 ご担当者様」という書き方もあります。 しかし「ご担当者各位様」という書き方は誤りです。 「各位」も「様」も敬称なので使うならどちらかひとつです。 では、はがきや手紙の宛名で使う場合の注意点も紹介しましょう。 応募などの宛先が「○○係」の場合も団体を指すので「御中」を忘れずに添えて「採用係御中」のように書きます。 「採用係」のみで送るのは「御中知らず」といってNGです。 封書やはがきの宛名に「行」「宛」とすでに書いてある場合は、それを二重線で消して「御中」や「様」と書いて送付します。 その際の「御中」「様」の位置は、二重線を引いた「行」「宛」の下に続けるのではなく、縦書きの場合は消した字の左、横書きの場合は消した字の下に書きます。 「総務部宛にメール(資料)を送ってください」という場合、「総務部 宛」とそのまま書いてメールや郵送しないよう気を付けましょう。

 

偉大なる日本の100人に学ぶ

【天真らんまんなアイデアマン:後藤新平】

明治から昭和のはじめに、医師出身にして中央政界に進出し、台湾や満州での都市計画、ロシアとの外交、関東大震災後の東京の復興などに尽力した後藤新平は1857年、現 在の岩手県奥州市に生まれました。 仙台藩の家臣の名家でしたが、戊辰戦争で敗れて士籍を失います。 しかし、秀才として知られた新平は、廃藩置県後に着任した県の大参事である安場保和の目に留まり、その将来性を見込まれて医学の道へと進みました。 医師として研さんを重ね、みるみる頭角を現すと若くして病院長に就任し、ドイツ留学も経験します。 さらに新平の関心は、次第に個々の患者の治療から病気の予防へ、そして社会全体の衛生へと発展していきます。 それが中央省庁への勤務、政界進出へとつながっていきました。 新平が日本国内や植民地統治において大切にしたのが、まずは現地の実態や慣習を十分に研究し、現地の風俗を尊重しながら状況に応じて政策を進めることだったといいます。 医師出身の科学的な視点を持つ新平ならではの手法から「科学的政治家」とも呼ばれました。 また太っ腹で気が短かい性格ではあるものの、愛情が豊かで部下に慕われる人間的な面もあったとか。 日本のボーイスカウトの祖でもある新平は「人のお世話にならぬやう、人の世話をするやう、そしてむくいをもとめぬやう」と、いつも少年たちに説いていたそうです。

 

アメリカ発!スモールヒントでビッグサクセス

【不況時だからこそ顧客の心をグッとつかんで大成功! ~Scorpion】

アメリカのピックアップトラックをご存知でしょうか。 こちらでは非常に馴染みのある乗用車の一種で、例えば運転免許取りたての高校生女子をも好んで選択する場合が少なくありません。 女子群がピックアップトラックでハイウェイを走る光景に、もはや何ら違和感がないわけですから、その浸透ぶりたるやスゴイです。 このトラックに使用する「荷台保護ライナー」を扱うニッチなスモールビジネス『Scorpion(スコーピオン)』が開設されたのが1996年。 父親と叔父が築いた同ファミリー企業ビジネスを受け継いだクレイトン・トマシーノは現在、オーナーとしてアメリカ全州に店舗を構え、海外20カ国への輸出も手掛けるまでに成長を遂げました。 トラックといえば今でこそステイタスとして、またファッションのひとつとして流行るピックアップトラックですが、作業に使うトラックの荷台は傷や凹みのダメージを受けることは日常茶飯事で穴が開いてしまうことも。 雨ざらしの荷台にそこから広がるのが錆・・・、これらの問題を解消すべく商品化したものがスコーピオン製の荷台ライナーでした。 現在はトラックのコーティング、ウィンドーフィルムも手掛けます。 成功の鍵は不況時にあえて新商品開発に投資し、名を売り、品質を売るマーケティングに力を入れたこと。 不況時のそれは大きなリスクにもつながるため、同業者がひしめく中、秀でた商品を世に送ることはもちろん徹底し続けているのは、やはり顧客サービスだそうです。 モノを売り、他社と差別化を図るには「どこまで人に満足感をもたらしてハッピーにさせるか」が大きいようですね。 ちなみにライナーの取り付け、コーティング、フィルム貼り付けなどは、カーショップに依頼するのではなく、車に関してはDIYが基本であり車検制度もないアメリカであるこそ流行るニッチ業なのかもしれません。

 

[WEB通信 登録・解除]


経営コンサルタントである吉冨健一と、税理士である妻・智子。この夫婦がタッグを組み、それぞれの視点から強力サポートいたします!


■発行者:有限会社吉冨財経センター 吉冨智子税理士事務所

□所在地:〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東1-5-6
□TEL:096-389-1266
□メール:web-post1@zaikei.net
□URL:http://www.zaikei.net/