&sbsp;
&sbsp;

知っとこ!税務のマメ知識

【新たに購入した設備の固定資産税は半額】

「中小企業経営強化税制」は、従来の中小企業投資促進税制の上乗せ措置が改められて独立した制度になったものです。 サービス産業はわが国GDPの約7割を占めています。 その生産性の向上を図るために、今回は対象設備に工具器具備品(ルームエアコン・冷蔵陳列棚など)や建物附属設備(エレベーター・高圧受電設備など)が加わりました。 この制度には、青色申告書を提出する中小企業者等が平成29年4月1日から平成31年3月31日に、中小企業等経営強化法の認定を受けた経営力向上計画に基づき、一定の設備を新規取得等して指定事業で利用するなどの条件があります。 設備は生産性向上設備(A類型)と収益力強化設備(B類型)の2つがあり、A類型は「生産性が旧モデル比で年平均1%以上向上する設備」とされ機械装置・測定工具および検査工具・器具備品・建物附属設備などが、B類型は「投資収益率が年平均5%以上の投資計画に係る設備」とされ機械装置・工具・器具備品・建物附属設備などが対象です。 法人税、所得税の税制措置としては、即時償却(購入事業年度に取得価額の100%を償却)または取得価額の10%の税額控除(資本金3000万円超1億円以下の法人は7%)があり、いずれかを選択することができます。 また新たに購入した設備にかかる固定資産税は3年間、半額になります。

 

今さら聞けない経済用語

今月の教えてキーワード:【貨客混載】

バスや鉄道を使って貨物と旅客を一緒に運ぶこと。 運送業界におけるドライバーの人手不足と、中山間地域で進む高齢化や過疎化により公共交通機関の重要度が高まるものの、その維持が困難になっているという状況を克服するための策。 例えばヤマト運輸では、岩手県北自動車ではバス、京福電気鉄道とは電車での連携を行うなど各地で取り組みが始まっている。 今後は都市部でも水上バスやタクシーとの連携を試みる動きがある。

 
今月のあなたの運勢

365日が楽しくてたまらない!「商売のヒント」

今月の商売のヒント:【勝負は2秒】

人生においてたった一度しかないチャンス。 いったい何だと思いますか?
それは「第一印象」です。 その人との初対面はたった一度だけ。 「第一印象」に二度目はありません。それなのに、たった一度の第一印象を意識している人は意外と少ないようです。 商売でたくさんの人に出会うあなたはどうでしょう。
第一印象とは人や物に接したとき、最初に受ける感じのこと。 いわゆる「パッと見」です。 その時間は15秒だとか10秒以内だとかいろいろいわれていますが、たった2秒という意見もあります。 以前ベストセラーになった『第1感』の著者マルコム・グラッドウェル氏によれば「何かへの評価は2秒で決まる」のだとか。 最初の2秒で感じる「なんとなく」を「第1感」と名付け、「(第1感で)状況や人物を瞬時に判断した」場合も、「半年以上の時間をかけて判断した」場合も、そのものへの評価はほとんど変わらないと分析しています。 私たちは平均で3秒に1回まばたきをしているそうですが、2秒というのはまばたき1回分にも満たない一瞬。 初対面で「はじめまして」とあいさつを交わすまでもなく、私たちは瞬時になんとなく相手を評価して、同時に自分も評価されているのです。 しかもその評価はけっこう的確なので、第一印象が悪かったから時間をかけて自分を分かってもらおうと努力しても、修復できる確率は低いというわけです。 人には実にさまざまな面があり、それらをひっくるめたものがその人なりの味わいとなります。 しかし自分の人となりを見てもらう前に、出会いがしらの2秒で与える印象は思っている以上にインパクトが強いことを覚えておきたいものです。
服装や立ち居振る舞い、話し方や声のトーンなど第一印象を良くするための演出はいくらでもありますが、結局は「普段の自分」がにじみ出てしまうものですし「普段」は隠せません。 だったら普段からカッコ良く。 カッコつけるのではなくて、自意識よりも美意識を大事にしていきたいものですね。

 

トレンドを斬る!

斬り捨て御免ポイント:【走り出した「コンビニ」の今後に注目!】

移動販売車で定期的に商品を届ける「走るコンビニ」が伸びています。
中でもセブン-イレブンは2019年までに未進出の沖縄県を除く46都道府県への展開を目指し、過疎地はもちろん高齢者施設や都市近郊の団地など、総務省が後押しする買い物弱者対策事業として積極的に取り組んでいます。
食料品や雑誌、日用品のみならずコミュニティの場を提供して地域を見守る役割を担うなど、コンビニならではの卓越した顧客サービスに基づくビジネスモデルの構築に期待です。

 

仁義なきビジネスメール道

今月のメール道:【漢字の多用と冗長な文章に要注意!】

メールの文章を読みやすくする工夫のひとつとして表記の統一が挙げられます。 そして、よく使う言葉を漢字から平仮名に「ひらく」ことをおすすめします。 「出来る」は「できる」、「~する事」は「~すること」のように頻繁に使う言葉をできるだけ平仮名で表記します。 漢字は平仮名よりも画数が多く、直線が多いせいか見た目の印象もカチッと硬いのに対し、平仮名は画数も少なく、文字が曲線で構成されてやわらかいという見た目の印象の違いがあります。 一文に使われる漢字の占める割合が多いほど視覚的にも硬く、文字の密度も詰まって見えるので、文字量が多くなるほど圧迫感があり読みづらく感じます。 適度に改行を入れるとともに漢字の比率を下げて、よく使う言葉を平仮名で統一してみましょう。 表記の統一には『記者ハンドブック 新聞用字用語集』のような基準となるものを社内で共有しておくと、部署ごとに統一表記が違うという事態を避けられます。 「可能である」ことを述べる際に使う「~することができます」「~することが可能です」という言い回しにも注意が必要です。 多用すると文章が冗長になります。
例えば「○○を使えば、劣化のリスクを低減することができ、製品の性能低下を阻止することが可能であると考えられます」という一文。 「~することができる」「~することが可能である」という言い回しがひとつの文に続けて用いられています。 文末の「~することが可能であると考えられます」といった遠回しな言い回しも気になります。 「~できます」と言い切ってしまうほうが分かりやすく、ダイレクトに相手にも伝わります。 マニュアルやレポートなど、ボリュームのある文章にこうした言い回しを繰り返し使うと、文字量ばかりがいたずらに増えて要点がぼやけてきます。 「~すること」を省いて書き換えると文字量もぐっと減り、文がスッキリします。 文章を読み返すとき「~すること」を頻繁に使っていないか今一度チェックしてみましょう。

 

偉大なる日本の100人に学ぶ

【坂東の統一を目指して:平将門(たいらのまさかど)】

将門の乱で知られる平将門。 その出自は明らかになっていませんが、903年頃に生まれたといわれています。 平安京に都を移し、貴族政治の礎を作った桓武天皇の末裔(まつえい)で、祖父は上総国(かずさのくに)の国司として赴任し、任期後もその地にとどまり財力や武力を蓄えていきました。 父・良将(よしまさ)も鎮守府将軍として東北の異民族をよく納めていたものの、将門が幼いうちに逝去します。 跡目を継ぐことになった将門は、一族の隆盛を目指して京に活躍の場を求めたのでした。 しかし、親の後ろ盾もなく田舎の出であった者に出世の芽はなく、京の上流貴族社会は居心地の悪いものでした。
そしてこの頃、伯父・国香(くにか)らによる相続争いが巻き起こり、将門は志半ばにして郷里に帰るのでした。 自らの強い武力により相続争いを収めた将門は、その勢いのままに国を治める国府をも攻撃します。 こうして坂東(関東)8カ国の国府を次々に攻めて国司を追放すると、自らを新しい天皇「新皇」と称するようになったのです。 しかし、朝廷がこれを黙って見ているはずもなく、藤原忠文を征夷大将軍として将門を討つように命じます。 その鎮圧軍が到着する前に将門は流れ矢に当たり落馬し、首を斬られます。 貴族による政治がほころび始め、武士が力を持ち始めるきっかけを作った30数年間の人生でした。

 

アメリカ発!スモールヒントでビッグサクセス

【日本のアイデアをアメリカのニッチな市場に活かして大成功! ~RentAFriend】

まさか?と驚かれているサービスのひとつに「友だちのレンタル」を提供する「RentAFriend(レント・ア・フレンド)」があります。 ロマンスは一切抜き、友だち仲介を展開させることで世界でも最大規模となった同サイトは、2009年10月にニュージャージー州在住のスコット・ローゼンバームにより開設されました。 「一人では淋しい、心細い」と感じるときに、付き添い的存在を簡単に見つけられ、その「付き添い役(=友だち)」である登録者は、お小遣い稼ぎを見込んでいるレンタル人間(笑)。 ただ、レンタルされたい側も楽しい時間を過ごせればそれでOK!との意向で、レンタル料(1時間10ドル)を無料とする場合もあるとか。 驚いたことに、同サービスのアイデアは日本からの輸入盤だそうです。 当時、アジア圏、特に日本では同サービスの需要が高く、結構なブームとなっていると知ったスコットは、アメリカ国内でのニッチな市場に目をつけました。 恋愛系出逢いサイトは何千と存在するも、身近な地域でプラトニックな友だち探しができる場所はゼロ。 「お金で買えないもののひとつに友情・・・といわれているけれど、ココでは友だちレンタル可!」をうたいながら着実に需要を上げてきました。
映画を一緒に観に行きたい、流行りのレストランで食事をしたいけれど一人ではちょっと・・・、コンサートのチケットが余ったので会場まで一緒に行ける友だちを探したい、スポーツジムに一緒に通ってほしい、人生に迷った際のセカンドオピニオンとして・・・などなど、その需要は数知れず。
日本での同サービスとは利用の仕方が異なるかもしれませんが、スコットが見出したように、文化は違えど国境を越えて活かせる二ッチサービスがまだまだ足元に転がっていそうですね。

 

[WEB通信 登録・解除]


経営コンサルタントである吉冨健一と、税理士である妻・智子。この夫婦がタッグを組み、それぞれの視点から強力サポートいたします!


■発行者:有限会社吉冨財経センター 吉冨智子税理士事務所

□所在地:〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東1-5-6
□TEL:096-389-1266
□メール:web-post1@zaikei.net
□URL:http://www.zaikei.net/